親子でのツーリング日記

またしても信じられな~い出来事が

2017年8月20日(日)

朝4時過ぎに起きてランニングに行こうと思ったら無情の雨。もう雨いらん(暑いのもいらん)。
一度起きると再び寝れないたちなので、ネットで10月ツーリングの候補地を探す。
行っていない場所がたくさんあるつもりなのに意外と行ったとこばっかり。やっぱり10日くらい休みがないと、行きたいとこにも行けないか。
ということでゴールデンウィークに行けなかった福島だな。

6時過ぎにに朝食をとりに1階へ降りてみてビックリ。
何とミシシッピアカミミガメのカメオがまた卵を産みよった。
これで7月31日、8月8日、8月20日の3回に分けて産んだってことになる。
今日は1個なので合計10個。無精卵ばかり産んでる訳で、なんだかかわいそうになっちゃったよ。

20170820-01
今日はポツンと1個だけ。

それと今日気付きました。TOURATECH JAPANのサイトが閉鎖されてるってことに。
何でもドイツ本社が倒産したみたいですな。
日本のサイトではメールのオーダーは出来るみたい。でもサイトがないからどういった商品があるのか分からんしね。
こういったメーカーがなくなるのはアドベンチャー系バイク乗っている我々にはかなりな痛手だな。
なんとかならんかね?



スポンサーサイト
2017-08-20 : その他 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北海道ヒグマツーリング2017 9・10日目

2017年08月04日(金)

ついにやってきてしまった、北海道の最終日。
もうすぐ現実に戻らなければならないと思うと憂鬱になる。けど、終わりがあるから楽しいんだろな。

6時50分、キャンプ場を後にする。天気は曇りで気温は何と13度。
R336を苫小牧方面へ向かう。苫小牧は嫌いな都市。そこに行くと神奈川に帰んなきゃいけないから。
海岸線には昆布をとる猟師たちと、それを干す人たち。この辺の昆布はひだか昆布でいい値段がつくんだろうなぁ。
ひと夏どのくらい儲かるんだろう、などと考えながら走る。日高の猟師さん、どれくらい儲かるか教えてください。

日高町から日高自動車道に乗る。幸い前後に車はなく、90km/hで走る。一般道とそんなに変わらん。
沼の端東ICで無料区間が終わるので降りる。そこからいやな苫小牧港の前をスルーしてR36へ。
白老町付近では2車線になったから左車線を80km/hで飛ばす。それでも室蘭ナンバーのバカRVがあおってくる。
アホか!お前が右車線に行って抜けばいいだろ、室蘭ナンバーのバカねーちゃん。
こういうマナーが悪い車には制裁として気づかぬ振りしてフツーに走ることをモットーとしている。ムダだよ、いくらあおっても80km/h以上出さないよ。ここは法定速度60km/hじゃ~!!

登別で県道2号へ。ここから標高が上がり霧が出だした。どんどん上がって行って温泉街を抜けてくま牧場駐車場へ。バイクでも200円取るのね。
くま牧場って山の上にあるのね。ロープウェイで上まで行くようになってる。その山は霧でまったく見えん。
念のため、タンクバッグにレインカバーを掛け、ヘルメットはスーパーテネレの車体下に置く。さらに傘を持ってロープウェイに乗る。
あっという間に霧の中でまったく何も見えん。
そしてしばし。着いた先はくま牧場入り口で雨が降ってる。ここも領土拡大ばっかりで他国の迷惑を考えない、困った国の困った方たちに占領済み。

くま牧場は第1、2牧場に分かれている。大して下調べしなかったから熊は放牧みたいな形で暮らしてると思ってた。
ところが第2牧場に初めに行ったら、広めのコンクリの壁で仕切られた中で暮らしてて、エサくれる客に手を振ってよこせってアピールしてる。
違う違う、こんなのヒグマじゃない。それもコンクリ壁の中にいる熊のほとんどがエサアピール。
ベアマウンテンでほぼ野生に近いヒグマを見てきた娘も口数が異常に少ない。さらには糞尿のにおいも強烈で耐えらんないよ。

20170815-02
一列に並んでエサよこせ運動中の残念なヒグマたち。

つづいて第1牧場へ。ここはオスばっかり。メスと一緒にしてるとオスがケンカするらしいから。
第1牧場はオスだけあって第1牧場のメスに比べたら二周りほど体が大きい。
ただ、やってることは第2牧場と同じでエサくれアピール。無念だぜ。

無念のまま期待していたヒグマ博物館へ。
ここは一応期待していたもののやっぱり残念な結果に。展示品が古いんだよな。
写真なんか色あせちゃって、ちゃんと更新しろよ!!って感じ。
くま牧場だけあって剥製は大量にあるけど、温度とか湿度の管理が出来てないんだろうな、やっぱり色あせちゃってるし、経年劣化を感じるよ。
正直、くま牧場には4時間ほど楽しめるんじゃないかと思っていたものの、滞在時間は半分の2時間だった。
そんなわけですぐに下山。やっぱり雨でスーパーテネレはぬれている。カッパは着ずに商店街まで。商店街のラーメン屋でラーメンを食す。ふつう。

20170815-03
普通だった塩ラーメン。お客さんいないわけだよな。

時間が余ってしまい次はどこに行こうか考える。いろいろ検討した結果、サケのふるさと 千歳水族館に決定。
ここから下道使って行くとフェリー乗船時間に間に合わないだろうと判断して、登別東ICから高速。
けっこう飛ばして14時半にサケのふるさと 千歳水族館へ到着。
ここは3年前にも来ているからさっと展示物を見る。ここに来て思うのは街中にある千歳川に鮭が遡上してくる驚き。
こんなきれいな川が街中に流れているなんて驚きだよな。神奈川じゃ考えられん。千歳市民うらやましすぎ。

201708015-06
サケのふるさと 千歳水族館で。

ということでこれにて北海道ツーリングの全アクティビティ(?)は終了し、フェリーの中での食糧を買い込み苫小牧港へは16時45分に到着。
くま牧場では娘の友達に渡すお土産を買わなかった(いいのがなかった)ので、フェリーターミナルで購入。
お土産買うのに10分ほど並んだ。やっぱり乗船時間間際に到着しちゃイカンな。
大洗出るときは15台ほどだったバイクはここでは60台ほど。毎回思うけどこれはどーゆーこと?
無事乗船も終わり北海道よさらば!また来る日まで!!

201708015-05
乗船を待つスーパーテネレ。アディオス北海道!





2017年8月5日(土)

相変わらず下船は娘と別々。なのでターミナルを出たところで集合する。
フェリーの大洗港到着は珍しく定刻より30分も早い13時30分。
帰路は首都高中央環状線が渋滞するであろうからちょっとだけ憂鬱。
14時20分に大洗港を出発。安全運転安全運転。
それにしても暑い。オクさんはここ何日間かは涼しいって言ってたけど、北海道に比べたら比じゃないよな。
乗ってきたフェリーでそのまま苫小牧へ帰りたいよ(行きたいよ、じゃなくて帰りたいってとこがいいでしょ?)。
スーパーテネレの吸気温計は32度と表示している。北海道ではマックスで27度だったのに。
心配していた渋滞もたいしたことなく、東水戸道路、常磐自動車道、首都高中央環状線、首都高湾岸線、横横道路で自宅には17時前に到着した。

今回気づいたこと
①フェリーで予約しようとしてネットでは×がついているのに、電話だったら予約できた。
②その×がついている帰りのカジュアルルームはベッドの半分くらいに客がいなかった。
③やっぱり予約は最低でも1ヶ月前が必須。
④北海道と地元のガソリン価格比べたら北海道のほうが安いw
⑤やっぱりラフロのスロットルロッカーは必須。
⑥新造船は風呂の洗い場が少ない。
⑦かゆみ止めはキンカンでなく、オールラウンドで効く奥田製薬のマニューバEX11がよろし。
⑧レーダー探知機も必須。

20170815-04
これがなかったらかゆみで眠れぬ夜が続いたであろう。

201708015-07
このツーリング中盤から娘は給油のたびにこんな感じで座ってました。最後の給油でもこのとおり。

20170815-01
走行距離は2,407.3kmだった。



7月27日~8月5日の走行距離:2,407.3km ガソリン:100.14ℓ 燃費:24.04km/ℓ



2017-08-15 : 北海道ヒグマツーリング2017 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北海道ヒグマツーリング2017 7・8日目

2017年8月2日(土)

シラルトロ湖キャンプ場を8時に出発。
空はどんより曇っているが雨は降っていない。

20170813-16
シラルトロ湖キャンプ場の朝。昔は湖畔にあったのにね。

R391を釧路に向けて走行。途中でR38へ。
海岸線に出て白糠町でR392へ。
この道に入ったとたんモンシロチョウが大量に飛んでいる。飛んでいる数も大量なら、道路上に車とぶつかってあえなく絶命した亡骸も大量。
この道は前後にも対向車線にも車がまったくない。なのでモンシロチョウをよけながら走行。これも北海道ツーリングならでは。
R392がR274に変わる頃には民家もまったくなくなった。
ここで飼い犬だったであろうダックスフンドに出会う。疥癬病にかかっているらしくところどころ毛が抜け落ちている。
知床で買って食べたいなかった真空パックのから揚げを6個ほど上げるとうまそうに食べていた。これで2、3日は生きながらえるであろう。

鹿追町のセイコマで休憩したのはちょうど12時。再出発して12時半にベアマウンテン到着。
受付でバスツアーのランチパックたのむ。このランチパック、近くのレストランでの食事がついているのに、何と300円しか値段が変わらない。
はじめてみたときに、「こりゃ何かの間違いだ」と、さすがの私も思ってしまった。
残念(?)ながら間違いではなく、1kmほど戻って花森熊カフェレストランというきれいなレストランでランチ。
私1人だったら完全に浮いてしまうきれいなレストラン。娘がいてよかったよ~。

20170813-17
これは私のランチ。

20170813-18
これは娘の。写真には写っていないけど、ミニ海鮮丼もついている。

20170813-19
わたし1人では絶対に入らない(入れない)おしゃれなレストラン。

食べ終わったらスーパーテネレでベアマウンテンに戻りバスツアーに。
バスが動き出し第1のゲートの中に進入。第1ゲートが閉まったら第2ゲートが開いてベアマウンテンツアーの始まり。
30mほど進むと5mほど先の水溜りで2頭がケンカしてる。ネコパンチならぬクマパンチ(痛そうなツメ付き)の応酬と、長さ4cmはあろうかという牙での噛み付き攻撃。
すげー抗争だと思ってみているとバスの運転手さんが、「あの熊は兄弟で仲良しです。ああやっていつもじゃれあっています」というアナウンスが。
あのパンチと噛み付きでじゃれあってる?マジゲンカじゃねーか。ああやって鍛えてるんだろな?
やっぱりヒグマにはかなわないよな。ツキノワグマくらいだったら何とかドローにもっていけるかも知れんけど。

20170813-22
これがそのゲート。まるでジュラシックパークみたいだ。

20170813-17
迫力のケンカで度肝を抜かれた。奥にいる熊なんて生死をかけた戦いやっているような形相だけどな。

バスを降りるとベアポイントっていう場所。
ここではガラス4cm越しにヒグマをじっくり見れる。今日はヒロタケっていう熊が構えていた。
娘いわくヒグマにもイケメンがいるらしく、このヒロタケはかなりのイケメン。性格も穏やからしい(飼育員さん談)。

20170813-14
ベアマウンテンのヒグマたち。

20170813-16
これが娘いわくイケメンのヒグマ、ヒロタケ。なんだかおっとりした顔してるし、森の熊さんって感じ。

20170813-20
ヒロタケの鼻アップ。触ってみたい。

20170813-15
対してこのヤンキー双子グマ。左のサンタなんてヤカラ臭がプンプンだぜ。ヒグマも人もヤカラは顔に出るんだな。プロフィールまでヤンキーって書かれてるしw

ベアマウンテンを堪能したあとは新得町に戻って食材購入。R38の狩勝峠を越えてかなやま湖キャンプ場へ。
ここは何度も来たことがあるキャンプ場。だけどいつもバンガロー泊。今日はテントだ。
ちなみに夕食時に雨が降ってきたのでテント内での食事となった。





2017年8月3日(木)

昨夜降った雨はやんでいる。今日はこのツーリングで唯一、目的地を決めていない日。
ツーリングマップルとスマホで行き先を探索する。
すると幕別町にナウマン象の博物館があるのに気づく。その先には襟裳岬で風の館も。なので南東に向かう道を選択。

7時40分に中山湖キャンプ場を出発。
トマムから道東自動車道に乗る。霧がすごくて前が見えない。この辺て標高高かったっけ?
今は日勝峠が去年の台風で通過できないから、道東自動車道の占冠から十勝清水までが無料なのである。
その十勝清水ICで高速降りてすぐに県道55号に乗ろうとしたらこの先通行止めって表示が。
仕方ないから農道からR38に出てまた県道55号へ。しばらく走るとまたまた通行止めの看板。
無視して走ったその5kmほど先には本来あったはずの上美生橋がスッカラカンニなっている。だから通行止めだったんだなぁ~。
去年のジェットストリームアタック台風(3つっていう意味です)では十勝が被害を受けたって聞いたけど、そうだよ、今いるとこが十勝だよ。

20170813-21
ここが流されてしまった上美生橋があった場所。

Uターンしてまたまた農道を走る。国道ばかりじゃ面白くないからね。
県道62号、55号、R236に出て道の駅なかさつないで休憩。
スーパーテネレの吸気温計は21度度。ってことは17、8度ってこと?
寒すぎなのでわたしはここでフェイスウォーマーとハイネックシャツ、娘はハイネックシャツとアンクルウォーマー着用。一応のため持って来たのにまさか本当に使うことになるなんて。
ここはから揚げが有名なようで、それをいただく。うまし。

続いてはR236で忠類ナウマン象記念館へ。ところが娘はヒグマのような喰い付きがない。
ま、生きているナウマン象がいるわけじゃないから仕方ないんだろうけどね。
ヒグマ対ナウマン像の勝負は圧倒的にヒグマの勝ちだった。
ここに併設されている道の駅で昼食。十勝産の小麦粉を使ったパンを食べる。パンはやや軽い(ふわふわしてて量が少ない感じ)がするけどうまし。

続いてR336を南下して襟裳岬へ14時40分に到着。
いつもは時間が早すぎて風の館に入ったことがない。なので娘は初の入館。
入ると展望室があって無料で見れる望遠鏡が岬の先にいるアザラシたちにセットしてある。
覗いてみるといるはいるはアザラシたちが。岩でグデーッとしてる。
時より岩より高く来る波のことなんてまったくなかったのごとくグデーッと。半分くらいは波間から顔を出してて、まぁ確かにかわいいわな。
あんな感じで一生暮らしてみたいもんだな。

20170813-23
望遠鏡にスマホを当ててパチリ。

しばらく覗いているとえりも風体験のアナウンスが。これだよ、娘を体験させたかったのは。
なんでも襟裳岬というところは冬には風速30m/sなんてざららしい。それをここで体験させてくれる施設。
勇んで中に入り空気が動き出す。一番前に行っちゃったら風速25m/sの風になるのでスローモーションのようにジワリジワリ前へ。
するとすごい空気の壁が全身にぶつかってくる。
ここでひらめいた。体を真っ直ぐに伸ばして前に倒れたらマイケルのゼログラビティが出来るって。
で、実際にやってみたらある程度の角度まで出来る。頭の中はSmooth Criminalがかかってる。
娘は体重が軽いってこともあり完璧なゼログラを成功させていた。
襟裳住人てこんな風の中住んでるんだなぁ。冬の洗濯物とかどうやって干すんだ?などと小さいことを考えてしまった。

20170813-25
これが本家本元マイケル・ジャクソンのゼログラ。

風の館を後にしたら30kmほど離れたアポイ山麗ファミリーキャンプ場へ16時過ぎに到着した。
テントを張ってから様似町まで食料調達。風呂は北海道ツーリングで1、2を争うきれいさのアポイ山荘へ。
寒かったっていうのもあって50分も入っちゃったよ。

20170813-24
アポイのキャンプ場はきれいで静かで大好きなキャンプ場だ。盆休みは人でゴッタガエスらしいけど、そんな時期には行かないからどうでもいい。





2017-08-14 : 北海道ヒグマツーリング2017 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北海道ヒグマツーリング2017 5・6日目

2017年7月31日(月)

本日は国設知床野営場に連泊。
5時半に起きてスーパーテネレで出発。朝早い時間帯に岩尾別温泉まで行って鹿やあわよくばヒグマを見ようって作戦。
3年前にはこの道で親離れしたばっかりのヒグマの子供2頭と5m程度の距離で遭遇したから。
ところが今日は鹿は3頭しかいないし、ヒグマなんざ影もない。がっくりうなだれてキャンプ場へ帰還。
朝食後、管理人さんにバンガローが空いているか聞いてみる。幸いにも今日は予約が入っていないとのことなので、バンガローゲット。
というのも、今日は午後から雨の予報。すぐにテントを撤収して荷物をバンガローへ移動させた。これで雨対策もバッチリ。
トップケースに防寒着とカッパを入れて知床横断道路にある知床自然センターへ。
いろいろ見ているうちに知床財団スタッフトークが始まり参加。話の最中に座っている後ろの歩道にオス鹿登場。
スタッフが「あれは常連の前田さんっていう鹿です」だって。おい、名前までついとるのか?
センターのすぐ前に道を通るから前田さんらしい。裏の道だったら浦田さん?横道だったら横田さんになるのか?
それまでオス鹿は1頭は見ていなかったので娘は接近しての接写に挑戦、見事ゲット。
わたしは鹿タッチに挑戦し、人差し指先で接触に成功。初の野生鹿タッチだよ。

20170813-7
噂の前田さん。角は夏特有の袋角(ふくろつの)。

スタッフトーク聞いててお昼が近くなり、ここで鹿肉バーガーを食す。うまし。
鹿タッチしてから鹿イート。世の中は矛盾だらけ・・・これもまた然りw

20170813-6
鹿バーガー。やっぱりうまし。神奈川でも鹿肉販売してくれないかな?

食べたら羅臼ビジターセンターへ移動。ここではシマフクロウの生態ビデオをじっくり見てしまった。
シマフクロウってでかいんだな。でかいが故に巨大な穴が開くような大木がないと営巣できないとは。

ビジターセンターを出たら何と雨が降っとる。カッパ着て羅臼市街へ。
羅臼市街では食料を買いたかったのに無情の定休日。しゃーないのでウトロのコンビニで調達するしか選択肢はない。
来た知床横断道路を戻る。知床半島って南側の羅臼で曇りや雨でも、北側のウトロじゃ晴れてるなんて日常茶飯事なほど天候が違う。
それを期待しながら走っていくと霧は濃くなるし雨はひどくなる。知床峠を越えてウトロ側になっても状況は変わらん。結局はウトロ市街に来ても雨はひどかった。天気予報は見事に当たったのであった。

次は道の駅ウトロ・シリエトク内の知床世界遺産センターへ。ここも3年前に寄ろうと思ってて寄れなかったところ。
センターの前にスーパーテネレを停めて屋根があるところでカッパ脱ぐ。レイングローブは2人とも浸水。
買って5年もたってれば当たり前か?MOTOFIZZの掃除用ゴム手袋みたいなグローブカバー、再販してくれんかのぅ?
ここは残念なことに写真やパネル展示が中心。剥製とか実際につかわれている捕獲器や巣箱などの展示はなかった・・・無念だぜ。

お土産とか見ているうちにやや明るくなり、雨も小降りに。
センターからキャンプ場に戻る間に期待していなかった食料品店が営業してて、そこで食材ゲット。コンビニで調達するよりかはましだな。
キャンプ場に戻り5日分の洗濯物をコインランドリーで洗濯して風呂入って、バンガローのバルコニーでビール飲みました。

自宅では娘が飼っているミシシッピアカミミガメのカメオが何と卵を産んだとオクさんから連絡が。
2匹飼っていないので当然のことながら無精卵なんだけど、飼い主の娘がよりによって北海道にいるときに 産むなんて。
娘もタイミング悪すぎ~と言っていた。さらにはメスだったことにショックを受けているみたい。オスがよかった~って。
オスでもメスでも変わらんだろ!!
2011年の夏祭りでゲットしてきたカメは今年で6歳。カメは6歳で成獣になるのか。
けどかわいそうだよな。自分で産んだ卵を捨てられちゃうなんて。それとカメって交尾しなくても卵産めるのね?
仮りに交尾したあと産んだ卵でも、7個もあってそれが孵ったことを考えると・・・恐ろしい。やっぱり無精卵でよかったよ。
ついでに8月8日にも2個追加して産んだんだと。カメって日を分けて産めるのね。

20170813-1
カメ飼っている皆さん、夏にエサ食べなくなったら産む!!って予兆ですぜ。



2017年8月1日(火)

朝から強めの雨が降っている。
夜中は一昨日ここでキャンプしたときに虫に刺された箇所がたまらなくかゆくてあまり寝られなかった。娘もかゆいかゆいを連発してる。
キンカンで効かないところをみるとダニとかか?くるぶしの付近なので、バイク操作するとかゆくなるんだよな。
昨日からかゆかったので、風呂に入ったあとのビール調達コンビニで薬局ないかか聞いてみたら、ありますけど遠いですよって。
恐る恐る斜里?って聞いたら、はい、そうですって。
恐るべし知床。薬買うだけなのに30kmも離れた斜里にまで行かないとイケンなんて。

20170813-11
知床野営場のバンガロー。この頃には雨も上がった。

6時半頃、雨がやんだので出発。R334は半分乾いてる。時より太陽が顔を見せてテンションアップ。
知床から30km離れている噂の斜里を抜け、県道1115号を南下。標茶のセイコマでわたしは北海道メロンソフト、娘はハスカップソフトを食す。うまし。
ここでカッパを脱いだ。脱ぐと気持ちいいもんだ。
ちょっと休憩したら今度は釧路の和商市場までノンストップ。12時前に到着。
ここでライスを買い、刺身の盛り合わせを買って勝手丼作製。ホタテの刺身うまし。

20170813-13
これを購入。そして噂のホタテ。いや、このホタテが悪い訳ではない。娘の特異体質の問題だ。

20170813-12
こんな感じで食べました。

時刻は12時45分。スマホでノロッコ号の出発時間を調べる。13時35分とはナイスなタイミングだ。
すぐに釧路駅に行き自由席券をゲット。ホームで待つこと20分で自由席でも湿原側の席を見事にゲット。
出発後、娘に食べさせたかったプリンもゲット。これ高いだけあってうまいんだよなぁ。コクがあって口の中に甘味が広がるんだよ。娘もうまいを連発ノロッコ号の思い出の味。

自由席では出発前に中国人が大挙して乱入してきたので、やかましい。静かに湿原を見たかったのに。
そのうち釧路湿原も中国の領土だって言い出すぞ、やつらは。
塘路駅まで行ったら領土を奪いかねないやつらは降りていった。代わって携帯電話で大声で話する爺さんが参戦。
高額医療費が何たらって塘路駅に停まっている間中(20分ほど)ず~っと話しておった。
見かねて車掌さんがホームで話せって注意してたけど。ナイス車掌さん。
静かになった復路のノロッコ号で娘は爆睡。静かで気持ちいいから仕方ないけど。
その頃神奈川東部では大雨でものすごい湿度だったそう。さらに冠水までしてたらしい。
こっちは湿原でもさわやかじゃ~。

20170813-4
岩保木水門。今度はバイクで行ってみたいもんだ。

釧路に戻り、和商市場でカニオクレの指令どおりカニオクル。
イオン釧路店に入ったとたん娘はまたまたおなかが痛くなる。さっきのホタテが効いてきたらしい。
食材を購入し走り出す。しばらくしてかゆみ止めを買うのを忘れたことに気づく。
ヤバイ!と思ったのもつかの間、遠矢駅付近に3年前にはなかったツルハドラッグが出来ていたのを思い出す。出来てて感謝だよ。
本日はシラルトロ湖キャンプ場に宿泊。キャンパーは私たち2人のみで超ラッキー。
娘は和商市場で購入した花咲ガニでうまし。ツルハドラッグで購入したかゆみ止め(何チャラEXってヤツ)を即刻塗ったのはいうまでもない。そしてかゆみは撃沈した。これからは北海道にはこれを持って行こう。





2017-08-13 : 北海道ヒグマツーリング2017 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北海道ヒグマツーリング2017 3・4日目

2017年7月29日(土)

北海道上陸2日目。昨日あれだけ降っていた雨は上がってる。雲も切れて晴れ間がある。
今日は今回のツーリングのメーンイベントである苫前三毛別ヒグマ時間の現場へ行く日だ。
7時にキャンプ場を出発。路面も乾いて気持ちいい。空気も乾いて気持ちいい。太陽も出てきて気持ちいい。
R275を北上していると4年前に行こうと思って行けなかった北竜町のひまわりの里がこの先にあることに気づく。急遽、寄り道。
もうこの時間になると日向では暑いくらい。北海道でも内陸は夏のエアコンは必要になりつつあるらしい。旭川や帯広なんざ夏の暑さは東京都かとほとんど変わらないっていうからね。それで冬は寒いんだからある意味最悪の場所だよ。
ところで、ひまわりって日に向かって花が動くっていうけど、ありゃ本当だな。全部同じ方向向いとる。
なので太陽を背にしてひまわりを畑を見ると全部がこっちを見てる・・・壮観。
JAの施設かなんかでいろいろな売店があるが、時間が早すぎるせいでまだ開店前。
出発が早いと走ってて気持ちいいのに、こういったとこで損をするのはいつものこと。

20170729-01
名寄のひまわり畑。全員こっち向いてる。

20170729-02
NEXUS5の360度パノラマで撮影してみました。

続いて苫前歴史資料館へ。留萌から日本海沿いに出て北上。北海道民は相変わらず飛ばすな。75km/hで走ってても平気でぶち抜いていきよるわ。
さすがに尻も痛いし。尻のベストポジションを探しながら試行錯誤で走る。
苫前歴史資料館へは8時50分に到着。民家と民家の間にひっそりあるんだな。老朽化も進んでる感満載。
ここは3年前に行ったツーリング後に娘をどうしても連れて行きたくなった場所のひとつ。
開拓民の苦労がしのばれる展示品ばかりだよ。北海太郎の剥製も迫力満点。さすがに匂いは昔の品物の香りがする。
三毛別ヒグマ事件は日本史史上最大の事件だったな、って感じがひしひしと伝わってくる。娘はクサイクサイを連発してるw

20170729-04
歴史資料館内の三毛別ヒグマ事件を再現したセット。今自分で見てもヒグマが本物みたいでビックリした。

続いてヒグマ事件復元現場へ。R239から県道1049へ。県道1049は復元現場に着いたら行き止まりの道。
この道に入ってちょっと進むと民家がなくなる。ってことは反対車線の車やバイクは復元現場から帰ってくる車両?
現場の手前200mはダートで熊出る感すごい。実際には観光地になってて着いたときには3台の車が駐車してた。
バイク停めるとアブとかがやってくる。まったくこんな場所に大正時代によくまあ入植したモンだよね。
結局は離村しちゃったみたいだけど、ここじゃあ無理があるよな。熊が出てきても不思議じゃない雰囲気。
復元跡の熊はかなり老朽化が進んでて何年かしたら右手がもげちゃいそう。
復元跡地といっても経済的には貢献できないんだな。ここではお金使うお店など皆無だから。

20170729-03
これが復元現場。これ以外何もない寂しい所にそれはあった。

20170729-05
白い看板が娘より7cmほど高い160cmほど。なのでこの熊の大きさはちょっと盛りすぎ。

R239を東へ。ツーリングマップルRにも乗っているとおり民家やスタンドがない。その分快適に走れるけど、尻は痛い。
士別を抜けて名寄の国道沿いにあるパン屋で昼食。ここで娘に西興部森林公園キャンプ場と雄武町の日の出岬キャンプ場どちらがいいか選ばせる。
西興部森林公園キャンプ場はここから近い。日の出岬キャンプ場はオホーツク海沿いでちょっと遠いが昨年トイレが新設されたらしい。
娘はトイレに虫がいないのときれいなのがキャンプ場を選ぶ最大の条件。なので、日の出岬キャンプ場に決定。
キャンプ場には15時30分に到着したものの、テント設営後にイオン紋別店まで食材に買いに行ったのがまずかった。
これでキャンプ場に戻ったのが18時20分。
ホテル日の出岬で風呂に入る。ここの風呂はきれいで気持ちよかった。

20170813-10
日の出岬からの夕焼け。




2017年7月29日(土)

今日も快晴で朝日がきれい。夕焼けと朝焼けが見れるキャンプ場なんてなかなかないよ。
前日、紋別市立博物館が8時30分から開館しているのを知って8時出発。

20170730-01
4時32分の朝日。日の出岬っていうくらいだからね~。

20170730-02
天気もよくてやる気が出てきた証拠。

ずいぶん早くからやってるんだなぁ~と思いながら開館時間の8時30分に到着したら、何と9時30開館だった。
老眼で9時を8時に見間違えたんだろうな。
どうしようかとスマホを見ると北海道立オホーツク流氷科学センターが9時からやってると知る。
ここから距離的にも時間的にもちょうどいい。で、すぐに向かう。
北海道立オホーツク流氷科学センターのそばには図らずも、紋別の有名なカニ爪モニュメントがあったw(ここにあったのね)
センターの中は-20度の世界があって、濡れタオルを振り回すと見事ライトセーバーに早変わり。
-20度は紋別での冬の気温らしい。係りのお姉さんにホントに-20度になるの?って聞いたら、最近は20度まで行かないですね~、-17度くらいまでしかいきません~、って言ってた。
マ・イ・ナ・ス・17度…。あっさりそんな温度を言ってのける紋別住人恐ろしや。

R238を南下。サロマ湖近くの北勝水産でホタテバーガーとホタテの刺身を食す。刺身好きの娘も満足。ホタテの刺身うまし。

20170730-03
北勝水産のホタテバーガーは今年もうまし。

20170813-9
このホタテはうまかった。

斜里の町でラム肉のジンギスカンとか食材を購入。ウトロにはまともな食料品店がないから。
その際に娘がおなか痛いと言い出した。これ以降、なぜか娘はホタテの刺身食うごとにおなか痛くなる。
知床の国設知床野営場には15時前に到着した。

20170813-5
こんなに夕日がきれいなのに翌日は雨の予報。






2017-08-12 : 北海道ヒグマツーリング2017 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »
フリーエリア
Pagetop

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

エイドリア~ン!!

Author:エイドリア~ン!!
オートバイは19歳のときから乗っています。
ツーリング好きなので、子供とタンデムでオートバイライフを楽しんでいます。
スポーツはアメリカンフットボール、ラグビーが大好きです。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
170位
アクセスランキングを見る>>

XT1200Z好きな人

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR